【アドオン】とはなんですか?簡単に解説!

激しい水の流れ
スポンサーリンク

今回はアドオンとは、何なのかを簡単に解説します。

アドオンとは

アドオンとは、ソフトウェアへ新たな機能を追加するための、小さなプログラムの事を指します。

具体的には、アプリケーションの機能を追加する目的で作成されるソフトウェアのことです。

今ある機能を広げるという意味で「拡張機能」と言うこともあります。


アドオンの意味

アドオンは英語でadd-onと書きますが、アドオンには、付け足す含めるといった意味があります。

「add」は加える、「on」は上にという意味があり、すでにあったプログラムにプログラムをプラスするといった意味合いになります。

最小限の機能しか搭載していないソフトウェアに、付加価値を与える「アドオン、アドイン、プラグイン」などのプログラムを追加することにより、便利で快適なデジタルライフワークが可能になります。

アドオンとアドイン

アドオンとアドイン(Add-in)は、新たな機能を追加すると言うことでは同じ意味を持つ類語です。

同じですが、アドオンは「上から付け足す」、アドインは「中に加える」という意味合いがあります。

アドイン(add-in)の代表的な例としては、ブラウザに追加されるプラグイン(plug-in)などがあります。

プラグインは、「plug(差し込む)」と「in(中に)」が組み合わさってできた言葉です。

こちらもアドイン、アドオンとほぼ同じ意味があり、機能を追加するというプログラムのことです。

アドオンのデメリット

導入すると便利になる一方で、アドオンにはデメリットも存在します。

アドオンは、もともと備わっていないものを外部から入れるものです。

そのため、アドオンを入れすぎるとコンピュータの動作速度が遅くなるなどの不都合が発生することがあります。

アドオンの管理

アドオンはあとから付け加えるものなので、必要に応じて「有効、無効」にするなど、アドオンの管理も可能です。

こちらの記事もどうぞ↓

高速ブラウジンググーグルクロームのダウンロード画面

超便利なブラウザGoogleクロームで高速ブラウジングしよう!

2019年2月25日

悪意のあるアドオンは削除

ほとんどのブラウザは、新しい機能を追加できる便利なアドオン(プラグインや拡張機能など)をサポートしています。

ただし、アドオンや拡張機能が悪意のあるものであった場合、個人情報を抜き取るようなマルウェアやスパイウェアと呼ばれる危険なアドオンも存在します。

ウェブブラウザのアドオンが悪意のあるアドオンであると感じたら、迷わず削除しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク