独居老人のプロフィール  

嵐山のすそのから昇る朝日
スポンサーリンク

はじめまして、「独居老人が、挑戦する」ブログを書いているorokann(本名:西村勝彦)こと申します。


時が経つのは早く、今まで自分は、いったい何をしてきたのかと後悔しています。

その報いが今現実になって表われているような気がしますが、

今となっては知識や体力もなく、パートの収入と年金で細々と生活していくしかありません。

このまま、何もせずに時間が見る見るうちに無くなって終い、人生が終わるような気がしています。


小さい頃からテレビばかり見ていて、勉強嫌いで、学校での成績は、いつも落第点でした。

読むことや、書くことを、大の苦手としています。


若い時は、何の疑問も持たず、先のことも考えず、その日暮らしで、時間を無駄に過ごして来たバカの見本です。

今では、独居老人と成り果て、身体も寄る年波には勝てず、後悔したまま、人生が終わって仕舞うのかと思うと。つくづく虚しく感じております。

激しい水の流れ
激しい水の流れ

ブログを作ったきっかけ

チョット大げさな言い方かもしれませんが、超スピードで発達している今の情報社会を、少しでも学んで行ければ、何かいいことがあるかもしれないと。

浅はかな考えと、気分だけでも満足のいく時間を送れたらと思い。

独居老人がブログに挑戦して見ようと思いました。

順番にしてきたこと

Twitter 2017・10・1登録 色々投稿してますが、主にブログの記事をシェアしています。


Facebook 2017・12・14登録 最初は度々のアカウントの停止にとまどいましたが、今は少し慣れてきました。


無料ブログ muragon(ムラゴン)2018・1・5登録解除  はてなブログ2018・2・8 登録解除


ワードプレス構築 2018・1・11 登録 現在進行中・・・

何はともあれ、暇人の浅はかな考えから、独居老人のブログを本格的に挑戦して見ようと思っております。

高齢者人口

独居老人の方々は、7年後の2025年に、

【高齢者人口は、「団塊の世代」が65歳以上となった平成27(2015)年に3,392万人となり、「団塊の世代」が75歳以上となる37(2025)年には3,657

その後も高齢者人口は増加を続け、54(2042)年に3,878万人でピークを迎え、その後は減少に転じると推計されている。

65歳以上の高齢者人口を男女別にみると、男性は1,466万人、女性は1,926万人で、性比(女性人口100人に対する男性人口)は76.1であり、男性対女性の比は約3対4となっている。

総人口が減少する中で高齢者が増加することにより高齢化率は上昇を続け、47(2035)年に33.4%で3人に1人となる。

54(2042)年以降は高齢者人口が減少に転じても65歳到達者数が出生数を上回ることから高齢化率は上昇を続け、72(2060)年には39.9%に達して、国民の約2.5人に1人が65歳以上の高齢者となる社会が到来すると推計されている。】 内閣府

仕事のこと

人は生きていかなければなりません。

仕事はそのための手段ですが、正直言って、あまりやりたくありません。

仕事には、苦しみ、我慢、ストレス、病気もあります。

ぼくは、その戦いに勝利できませんでした。

しかし、知らないことを知ることで自分が強くなることが分かったのです。


一応は生きるための最低限の生活は維持できていますが、気がつくのに、あまりにも遅すぎました。

でも、学ぶことで、先の短い僕の人生のためになるのではないかと思っています。

楽しみ方と遊び

例えば、朗読。

時代物が好きで藤沢周平の作品「朝焼け」、「たそがれ清兵衛」とか、他には「方丈記」、「徒然草」です。

  • ビデオは「乱」「男はつらいよ」など
  • 散歩は朝早くから、近くの嵐山へよく出かけます
  • 酒、缶ビール
  • パソコン
  • 音楽

住みにくい世の中を、少しでも、住みよくする方法を考え工夫して行くことが必要です。

食事の重要性

自分自身の事なので、つい、おろそかにしがちですが。

ゆっくりと噛んで食べる。

食べ過ぎない。

規則正しい決められた時間に取るようにする。

夕食は、寝る3時間前に済ませる。

また、6種類の食品群を取るように心掛ける。

<炭水化物、たんぱく質、乳製品、緑黄色野菜及び根菜類、油(脂肪)、果物>

朝食に関しては、賛否両論あるようですが、ぼくは、毎日しっかりと取っています。

病気についての不安

誰しもが病気に対しての不安はあります。

しかし、不安はあってあたりまえ。

人は不安があるからこそ、色々と考えて対処していけるのです。

自分自身の年齢を考えて、年相応に行動し無理をしないとか、気を付けるとか、常に意識して、本やネットで調べたり、実際に医療関連に尋ねたりの対策をしていきたいです。

長々と書いてまいりましたが、残り少ない時間を少しでも成長して行けるように「学びと挑戦」を継続していきたいと思います。

「独居老人が挑戦」する「ブログ」を、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク