クライアントとは?分かっているけど今一度復習すると!

スポンサーリンク

こんにちは、orokannです。

今回は、クライアントの用語について解説していきます。

一度は聞かれたことがある言葉ではないでしょうか。

会社の朝礼やミーティングなどでも、よく聞くことがあります。

ひと言で説明するすると、クライアントとは、依頼人・顧客・取引先のことです。

専門家に仕事を依頼した人のことを指します。

クライアントとは

一般的には、専門的なサービスを利用する個人、会社、組織のことをクライアントと呼びます。出典 コトバンク

クライアントの言葉を使用するときの意味合いから、次のような専門的なサービス、職種があてはまります。

  • コンピューター関連でのサービスとクライアント
  • 医療関係でのクライアント
  • 弁護士、会計士、建築・設計士等でのクライアント
  • 広告関係でのクライアント

コンピューター関連でのサービスとクライアント

コンピューターの世界では、サーバーへサービスの提供依頼を行い、そのサービスの提供を受ける側のコンピューターやアプリケーションのことをクライアントと言います。

簡単に言うと、サービスを受ける側にあるシステムことがクライアントです。

もっと簡単に言うと、クライアントは、サーバーからサービスを受けることです。

サーバーとクライアントの関係図

サービスを受ける側のクライアント

ブラウザ(browser)は、端末のディスプレイに表示するためのソフトウェアのことです。

(Internet Explorer、Microsoft Edge、Google Chrome、Safari、Mozilla Firefox、Opera)

・パソコン、スマホなどの端末機器

リクエストとは、端末からのwebサイト閲覧操作にブラウザが応じて、サーバーにサービスを要求することです。

サービスを提供する側のサーバー

サーバー(server) とは、大量のデータを保存した倉庫

レスポンスとは、反応、応答の意味で、ある信号や命令などが出されてから応答するまでの経過状態のことです。

医療関係でのクライアント

病院を受診する人や入院患者を指します。

カウンセリングを受けに来た人

社会福祉機関による援助やサービスを受ける人

弁護士、会計士、建築・設計士等でのクライアント

相談に訪れた依頼人

顧客や得意先を指す言葉として用いられている。

広告関係でのクライアント

広告代理店に広告を依頼した人

広告主

まとめ

クライアントとは、専門的なサービスを利用する、依頼人・顧客・取引先のことです。

  • インターネットでのクライアントは、サーバーからサービスを受けるブラウザソフト及びパソコン、スマホなどの端末機器。
  • 医療関係でのクライアントは、病院を受診する人や入院患者、カウンセリングを受けに来た人、社会福祉機関による援助やサービスを受ける人。
  • 弁護士、会計士、建築・設計士等でのクライアントは、相談に訪れた依頼人のこと。
  • 広告関係でのクライアントは、広告代理店に広告を依頼した人、広告主。

以上、クライアントの意味を解説しました。

あらためて理解していただけたでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク