「ごみ」のことについて、考えています

古い端末
スポンサーリンク

こんにちは、orokannです。

「ごみ」のことについて考えています。

日本の家庭から出る 「ごみ」の量

あなたは、日本の家庭から出る 「ごみ」 は、一年間でどれくらいになるか、ご存知でしょうか?

なんと、東京ドーム120杯分です。 (約4400万トン)
* 九都県市首脳会議廃棄物問題検討委員会 から引用

驚きのジェスチャー

なんでなんですか?

高度経済成長期からの大量消費時代が、「ごみ」の急増につながり、公害問題のひとつとなった。

深刻 ペットボトル「ごみ」 まったなし!

ペットボトルが、今、日本各地で行き場を失っています。

中国政府が、ペットボトル「ごみ」を 輸入禁止 にした!

と言う突然の行動から、ほとんどのプラスチック「ごみ」が輸出業者のもとで、 山積みの状態となっています。

NHKクローズアップ現代「ペットボトルごみがついに限界!? ~世界に広がる“中国ショック”~」から、引用

世界中に中国ショックが広がっています

ヨーロッパ各地では、行き場を失ったプラスチックごみが、たまり続けるている。

韓国では、ついに大都市の街中に、プラスチックごみがあふれ出しました。

困りました
どおうすんのよ・・・!

「ごみ」って、本当に 「ごみ」 なの?

まだまだ、そのままで使えるものが、ある。(リユース)

なかには、修理すれば使えるものもある。(リペア)

ひとりひとりが、物を大事にして「ごみ」を、減らすしかない!(リデュース)

そして、新しい再生方法を、学者の先生に発明していただく!(リサイクル)

楽観的に解決します
じたいは深刻ですが、楽観的に解決しましょう!

<しない しない>

スポンサーリンク
スポンサーリンク