SoftBank光からeo光に替えてみた?

ペイント3D作成で作成した抽象的な画像
スポンサーリンク

SoftBank 光(ソフトバンク光)から、eo光(イオ光)回線に替えることにしました。

理由は

キャンペーン(2018年4月2日~2018年7月1日)により月額料金が今より安い。

個人的に、SoftBankがあまり好きになれなかった。

Wi-Fiを復活させたかった。

eo光とは

eo光は、回線とプロバイダーが一体型なので、料金が分かりやすい。

関西地方では、NTT西日本の固定通信サービス「フレッツ」のシェアが低い[6]。これは、「eoネット」の提供エリアが広く、ホームタイプ100Mコースの利用料金も、即割・長割適用で低料金であるからである。また、携帯電話auと提携した「auスマートバリュー」との連動割引も適用される。wikipedia eo光

eo光は、関西電力の子会社であるケイ・オプティコムが運営している光回線サービスです。

したがって、関西エリア(大阪・兵庫・京都・滋賀・和歌山・福井)に住んでいる人が利用できます。

今回は、「SoftBank 光(ソフトバンク光)から、eo光(イオ光)回線に替えることにした!」と言うことで記事にしました。

6月27日に近電の方が配線工事をしていただける手筈になっております。

渡月橋

eo光回線にして端末を格安シムに挑戦!

2018年7月22日
スポンサーリンク
スポンサーリンク