Windows10のアクセサリでスクリーンショットを使う方法

嵐山の渡月橋
スポンサーリンク

スクリーンショットの使い方を解説していきたいと思います。

ぼくのような、文章を書くことを苦手としているものにとっては、スクリーンショットで撮った画面を記事に付け加えることで説明しやすくなりますし、記事を読んで下さる方にも理解していただけるのでおすすめです。

Windows10のアクセサリでスクリーンショットを使う方法

Windows10のアクセサリに、スクリーンショットが使えるソフトがあるのをご存知でしょうか?しかも2つもあります。

Windows10のアクセサリのSnipping Tool(スナッピング ツール)

Windows10の「スタート」ボタンをクリックします。

すると次のような画面が表示されます。

Windows10のアクセサリのSnipping Tool

画面の矢印2をクリックすると次のような画面が表示されます。その前に画面の矢印2を右クリックして、「その他」にカーソルをあてると、「タスクバーにピン留めする」とありますので、クリックしてピン留めしておくと便利です。いらなくなったら同じようにしてはずせます。

スクリーンショットスケッチ

次にSnipping Tool(スナッピング ツール)のモードをクリックすると、4つの切取り方が選択できますので、どれかを選んでクリックします。

スクリーンショットスケッチ2

あとは切り取った画面を、ファイルをクリックして「名前を付けて保存」しておけば、いつでも使えます。どこに保存したかは、忘れないようにしましょう。

タスクバーから「Windows lnk ワークスペース」を使う方法

タスクバーの右端にがありますので、右クリックします。すると次のよう画面が表示されますので、矢印を2-3とクリックしてください。

スクリーンショットスケッチ3

タスクバーの矢印3「Windows lnk ワークスペース」ボタンをクリックで、次のよう画面が表示されますので、今度は、赤線で囲った「画面スケッチ」をクリックしてください。

スクリーンショットスケッチ4

すると切り取られた画面が、表示されます。

スクリーンショットスケッチ5

切り取られた画面を、矢印をクリックして「名前を付けて保存」してください。。「Windows lnk ワークスペース」の場合は、切取り方に選択肢は無くて、全画面切取りになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク