マインドマップ発想法で脳をスッキリさせる!

抽象的画像をプリント3Dで作成
スポンサーリンク

マインドマップと言う思考法・発想法を、ご存知でしょうか?

ぼくは、ブログを書くときは必ずマインドマップを使います。

ペイント3Dでマインドマップ作成
ペイント3Dでマインドマップ作成

このマップの作成は、ノートに手書きで描いてます。

時間は多少かかりましたが、その分、頭の中は整理されます。

マインドマップとは

マインドマップとは、イギリスのトニー・ブザンと言う方が提唱されました。

トニー・ブザンが言っている12のルールとは

  1. 無地の紙を使う
  2. 用紙は横長で使う
  3. 用紙の中心から描く
  4. テーマはイメージで描く
  5. 1つのブランチには1ワードだけ
  6. ワードは単語で書く
  7. ブランチは曲線で
  8. 強調する
  9. 関連づける
  10. 独自のスタイルで
  11. 創造的に
  12. 楽しむ!

*ブランチとは、木の枝のことです。

トニー・ブザンとは、どんな人なのでしょうか

  • 脳科学や心理学を学んだ人物
  • 思考ツールのマインドマップを編み出した人物

頭の中のイメージを出す

  • 文字として吐き出す
  • マインドマップを使って、吐き出す

頭の中のイメージを出すと言うことは、それを、目で見ることになります。

ですので、今考えていることが明確になり、整理し易くなります。

マインドマップを使う目的は

  • マインドマップを使って、頭の中の思考を整理する
  • 発想を豊かにして、そこから新しいアイデアが生まれる。

マインドマップを使う目的は、沢山ありますので、色々と試す価値があります。

例えば、

悩みがあったらマインドマップに書いて見ます。

すると、悩んでいることが整理されて明確になり、冷静に分析できます。

また、思いもしなっかったアイデアを、見つけることができます。

書くと言う行為は、マインドマップに限らず、アウトプットする事なので、記憶力を高めることにもなります。

マインドマップの書き方

  • 手書き
  • マインドマップフリーソフト

尚、書き方に関しては、あまり形式にとらわれず自由にするべきであると思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク